三上劇場【迷走編】

三上さん
02 /27 2013
記録的な豪雪とかなんとか言って3年
3年も続けば記録的な豪雪ではなく、毎年これくらいの雪が降るんだと思って予算組んで欲しい。
市長!シチョー!気づいてください!
市長選が近づいてますけど、除排雪推進党として、除雪隊長の池ちゃんマンを出馬させようかしら…
そして除雪隊長という視点から青森市民に訴えるのです。
公約は除排雪を徹底させ、全区域に流雪溝を作ります!寄せ雪(氷の塊)は家の前に置きません!それにより雇用の確保!青森市の活性化に努めます!
さぁどうよ。今なら当選しそうな雰囲気じゃない?

こんにちわ。シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。

===================
本日のお話は
【イヒヒ編】【ニヒヒ編】【ワハハ編】
を読んでからの方が楽しいよ。
===================

割り箸お菓子の重さが軽すぎるという事に気づいた三上さん。
中身がすり替えられていると普通なら気づきそうです。軽い軽いを連呼するところを見れば、気づいているのでしょうが、認めたくない…

何でこのお菓子こんなに軽いのかなぁ~?
もともと少ないのかなぁ~?
もともとこの重さだったのかなぁ?

としきりに周りに疑問を投げかける三上さん。周りは中身が割り箸ということを皆知っているので、好き勝手な答えを返す。

元々少なかったんじゃない?
あまりにも放置しすぎてお菓子溶けちゃったんじゃない?
RISAちゃんがくれたお菓子が偽物だったんじゃない?
等々…
三上さんは何が何だかわかりません。もともと深く考えるのが苦手なおじさん。それでも大好きなRISAちゃんからもらったお菓子のことだから必死に考えるも、迷走!どこまで行っても出口は見えないのであります!



【三上さんの心の声】
RISAちゃんからもらったお菓子…きっと皆に食べられたのだ!でも振った時の音はどう考えても本物だ!そして絶対に開けられた形跡はない!(逆から開けてるからね)皆が言うように、時間の経過で中身が細くなったのか!?(んなわけない)それとも俺はRISAちゃんに騙されていたのか?いや!あのRISAちゃんはそんなことをする子ではない!ということは、やはり元々この重さだったということになる!製造メーカーに不良品として電話するか。

って納得Σ(´∀`;)
納得したことも驚きだが、三上さんはまだこのお菓子を開けていないのだ!

そして、忙しい中、藤盛君を従え、どこかに消えた三上さん。
帰ってきた彼の腕の中には







25022701

意味ふめーい!
なぜこんなに買ってきたのか?何をしたいのか?皆におやつとして食わせるのか?それでは貰おうじゃないか!と食べようとする群衆を

やめて~と言って必死にお菓子を持って逃げる三上。まさに迷走なのであります。

結局、箱に入れて大事に家に持って帰ったのでした。

続く…

bana2

 ← こっちも押してければ助かる~







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

調査隊長

シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。
志田建設で起こる日々の笑いをご紹介します。
時々仕事についてのまじめなことも書いていきます。