3.新しい飼い主が見つかったよ

隊長のつぶやき
02 /25 2016
いやいや、朝から前が見えないほどの雪が降っていた青森市ですが、今はそんなことあった?ってほど晴天です。こんにちわ。シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。

今日のブログは 1.飼い主を探そう! と 2.譲渡会で新しい飼い主を! を見てからの方が楽しいよ!

=====================================================

1時間後母から電話(※1)が来ました。保健所の◯◯さんが電話欲しいみたい。あんた!また犬ふやすわけじゃないでしょうねぇ!とチョイ切れのご様子…なんだか悪い予感がしました。
(※1 犬の登録は最初実家でしていましたが引っ越しして、住所の変更だけ行い電話番号は実家のままなのでいちいち実家に電話が行き、母に詳細を知られてしまうという失態を犯す)

隊 : すいません。迷子のチワワの件で電話したシラトリですが、◯◯さんはいますか?
おじ: あーどもども。今◯◯いないんだけどね、ちょっと説明するとさぁあの犬なんだけどねぇ
    健康診断してみたら、足の付根にこぶし大のしこりがあったのさー。これさ捨てられたん
    だと思うよ。それでもあなた飼う?あーちょっと待って変わります。
◯◯: あーシラトリさん?◯◯です。

ってどうでもいい情報ですが、この電話口の二人、どっちが今まで会話していたおじさんなのかわからないほど、訛り具合も声の調子も同じ。ですが、隊長もどっちがどっちかわかりませんので、おじさんと◯◯さん、ということにします。

◯◯:あーシラトリさん?◯◯です。実はですねあのチワワですが、足の付根に卵大のしこりがありまして健康上の問題があるもので譲渡会には出せないんですよ。シラトリさんが欲しいということだったので一応電話しましたが…

っておいおい、結構ツッコむとこありましたよ。まずあんたら二人!どっちがどっちかわからんわ!電話変わったのかどうかも不明だわ!そんでもってしこりの大きさはこぶしなのか!?卵なのか!?小さなチワワにとってこぶしと卵は全然違うぞ!と心のなかで絶叫するも、話はどんどん進みます。

◯◯:なんかお母さんとお話したけどね、シラトリさん犬3頭に猫もいるっていうじゃない?無理して飼うこと無いよ~。この犬絶対にお金かかるし、実際そういうことで捨てられたから今も飼い主から連絡ないと思うんだ。こんなね、無責任な飼い主のためにあんたが犠牲になること無いよ~。

隊長:でも譲渡会に出さないとなると処分されてしまうんですよね?

◯◯:まぁそれはあなたが考えることでは無いし、無理すること無い!

って、犠牲になるのは隊長ではなく、温かい家から急に雪の中に放り出されよくわからないままステンレスのケージに入れられたチワワなのです。そりゃ本音を言えばどれだけお金がかかるのか不安はありましたが、ここでじゃぁ引き取るのやめますって言うことも隊長には出来ませんでした。隊長が引き取るか、殺されるか、選択はそれしか無いと思いました。

引き取る 無理すんな 引き取る 無理すんな を数回繰り返した後、おじさんが折れまして愛護センターに連絡してくれて譲渡のための講習会を受けて引き取ることになりました。

結構この話すると皆すっごーいなんて言いますが、当事者になると引き取るしか選択できなくなるものです。自分には関係ないといえば無いのですが、自分が引き取るか殺されるかって…引き取るしかできませんよ。誰もが。ちなみに、足の付根に卵大と言われた時は犬を多く飼っているというのもあると思いますが知識として、これは鼠径ヘルニアだなってぴーんと来た隊長。即ネットで調べ、手術をすれば命に関わる病気では無いことを確認。まぁもし大病であれば、うちは貧乏ですから、治療はせず暖かい家で看取ってあげようと思ったわけです。

それが12月5日の話。
隊長は毎月第一土曜日は美容の日と決めておりまして、午前中は会社で会議。午後は美容院とお肌のケアに行くのですが、この講習会10時からなもんでして、はぁ~そりゃあもぉハードスケジュールですよ~。頭がパイパニック!

まず8時から全体会議、9時から営業部会議、10時に間に合うように愛護センターに行き、講習を受け12時半から美容院。16時からお肌に行き、19時から会社の忘年会!

あー無理無理。どっかをキャンセルしなければとお肌をキャンセルしまして、13時から美容院にしてもらいました。それでもあんた12時まで講習会してそれから手続きしてってもうギリッギリ!全てのスケジュールがギリッギリ

ほーらご覧なさい。隊長の忙しさったらそりゃすごいでしょ~。師走の中の師走って感じでしょ~。でもこれは第1週の話…忙しさはまだまだ続くのでありました…(続くかも)


2016.2.25-1
ラッキー(生きれてラッキーだったから)という名前になりました。歯がガッタガタなのでブッサイクですが、そこがまた可愛いっていうね。手術も無事終わり今は犬の中で一番元気です。基本歩かない(全力疾走)。もつけなのです。
ちなみに12/5に愛護センターの獣医さんに聞いた所、ここで隊長が引き取らないと即殺処分というわけでは無いそうです。ボランティアの方がいて引き取ってもらえる子もいるそうです。しかし絶対に殺処分されないというわけではありません。というより数年は愛情をもって育てた子を捨てる=殺す という行為をできる感覚が隊長にはありません。このブログを読んでくださる皆さんも周りにそんな行為をする鬼畜がいたら説得してくださいね。そういえば…うちの小子ちゃん(猫)も愛護センターに行くってところを保護したんだったわ~。結構鬼畜いるね。


bana2

 ← こっちも押してければ助かる~


スポンサーサイト

2.譲渡会で新しい飼い主を!

隊長のつぶやき
02 /11 2016
本日もとっても天気がいいですぅ~。最近は朝日が出るのも早く、日も長いので「いよいよ春が来るぞ!ってな感じで身体も風邪をブロックできるようになったようです。(体調よろし)

こんにちは。シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。

さて、今日のブログは  ★ こ れ ★ を読んでからの方が面白いよ。


==================================
1週間の間、毎日、青森市のHPにある 迷い犬収容 ページにある例のチワワの画像を見続ける隊長。
鉄製の檻に入れられた白茶のチワワは尻尾を丸めお股にIN。すごく怖がっている様子が写真からもわかるほど…まぁうちの近所では見たことがありません。捨てられたのでしょうか?逃げてきたのでしょうか?飼い主さんの元に返してあげたい!とFBなどで拡散依頼しましたが、隊長友達少ないし…青森だし…(←言い訳) 

1週間はあっという間に過ぎ、殺処分されるのでは?と気が気じゃない隊長は保健所のおじさんに連絡しました。
隊 : 1週間経ちましたが飼い主さんは現れました?
おじ: 飼い主見つかりません。こりゃ捨てられたんだと思うよ。
隊 : それじゃぁこの子は殺処分されるのですか?もしそうであれば私が保護したいのですが…
おじ: えっ?飼いたいの?う~ん…一応ね、今後は県の管轄になって、保健所から愛護センター
    に移されるんですよ。で、健康診断や性格なんかを見て、問題なければ譲渡会に出される
    わけ。人気のある犬だと抽選とかになっちゃって、確実に譲れるって保証はできないけど
    大丈夫?

へっ?譲渡会


隊 : いやっどうしても欲しいってわけではないです。もし処分されるっていうのであれば保護
    したいと思っただけで、譲渡会に出されるっていうのであればどーぞどーぞ、新しい飼い
    主の元で幸せに暮らして欲しいと思います。そーですか良かった良かった。

ということで、電話を切ったわけです。





-1時間経過-


また電話かかってきました。悪い予感する…

また続いちゃいます…


bana2

 ← こっちも押してければ助かる~

1.飼い主を探そう!

隊長のつぶやき
02 /04 2016
前回サクサクとブログを更新し、このままこのブログはコンスタントに更新していくのでは?と思ったあなた!
実は隊長もそう思ったんですよ~。実現って難しいね(*ノω・*)テヘ
前回の記事は本来3部作になる予定でしたが、書いた当の本人までも構成を忘れるほどの放置…
放置しすぎてブログが読めない位邪魔な広告が出るほど。

2016-2-4-2.jpg
放置しすぎてスイマセン。ただいま隊長、皆さんからは見えないとおもいますが、かの有名な号泣議員の様に泣いて謝っております。ンアアァアァアア-(嗚咽)


はぁ~。今日は春がもうそこよって感じの晴天でございます。雪もふってません。(話題急に!?)

こんにちは。シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。

まぁ文頭に散々言い訳しましたが、重ねて言い訳させてください。

12月はものすごく忙しかった!

そりゃぁ師走ハンパねぇってもんでした。例年通りおっきい風邪も引きましたしね。不幸が続いたり、旅行キャンセルになったり、年賀状作ったりと本当になかなか忙しかったわけですが、その12月一番最初の忙しい出来事を皆様にお伝えしたいと思います。


その電話が来たのは平成27年11月27日だった。
電話口の男性が発した言葉は隊長を驚愕させた。
「おたくさんの家の近くでチワワ保護しましたけど、逃げてません? 」
彼は市の保健所の職員だった。とっさのことで言葉が出ない。やっと出た言葉は「その子は何色ですか?」だった…

って恐怖小説の様に全てを書こうとしたのですが、表現が難しく時間がかかるのでいつもの調子に戻して話を続けます。

そもそも大二郎はその頃7キロあり、誰が見てもチワワと判別できませんし、同部屋にはダックスが2頭もいるわけで、万が一にも大二郎が逃げたのであれば近くにWダックスも必ずいるはず!と思いつつ毛色を聞くと白茶で黒は全く入ってないとのこと。ほ~らね隊長が逃がすわけないじゃないの。あっ白茶のチワワを散歩してる人が近くにいるわ!と思い
「その子はロングコートでは?近くにいつも散歩している人がいます!」と伝えるとスムースコートとのこと。あ~んもう!それじゃーねーっと隊長が必死に近所のチワワを脳内捜索するも、おじさんは次の飼い主候補に電話をせねばならず早く切ろうとするので、念のため、もし飼い主が見つからなかったらどうするのか聞いてみた。すると、HPに掲載したり電話したりして飼い主を1週間探します、それじゃ~っと電話きられる・・・

1週間ねぇ~

って1週間して見つからなかったらその子はどうなるの???

それから1週間隊長に気の休まるときは無いのでした…


続く…



bana2

 ← こっちも押してければ助かる~


調査隊長

シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。
志田建設で起こる日々の笑いをご紹介します。
時々仕事についてのまじめなことも書いていきます。