枝豆

三上さん
08 /04 2012
やややや、いつから更新してないのかしりませんが、
青森ではもうねぶたですよ。ねぶた。

それが過ぎればあっという間に寒くなり、冬|||(-_-;)||||||どよ~ん

まぁまぁ今年はすごしやすい夏ですから、この短い夏を楽しみましょう!

コンニチワ。シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。



そうそう、楽しいことと言えば・・・

只今、ウエノ野菜店好評営業中です。
その中でも、枝豆がそりゃぁもう、おいしくてですね。
お客さんが買いに来る前に、志田建設の人間で売り切れになるほど。

青森市佃二丁目近くの方は、ゼヒゼヒ、お買い物しに来てくださいね。

今日の朝。
志田建設の台所には、手に豆をもった社員で行列ができていました。
何でって!?豆を煮るためですよ。
しかし、豆を煮る容量の鍋は1つしかありません。
1つ煮あがると、誰かが試食し、うめぇ!と絶賛し、また行列が長くなる。
タイミングよく、自分の豆を煮て行きます。

隊長が豆を煮ていると、三上さんがやって来て
『しらとりっち、この豆俺のね』と洗っただけの豆を指差しました。

何よそれ、この私に、煮ろっていうわけ!?

と思いつつ、豆のおいしさに感動し、しかたなく煮ました。

台所は暑いので、事務所に入り、豆の番をさせるため三上さんを探します。
周りの人に三上さんの所在を尋ねるも、誰もしりません。
そして電話がなり、気付いた仕事をして、馬鹿話をして皆で笑い、電話が来て・・・



(30分経過)



工藤さんが仕込んだ豆を袋に入れるため台所に行きました。

事務所に入るなり、
『豆、煮し詰まっちゅう(煮込む?)けど大丈夫だな?』

そう!そうなんです!
隊長、忘れてたんです。

もう少しで、焼き豆になろうとしていた枝豆は、かろうじて煮豆。

皆が持ってる、枝豆はキレイな緑色なのに
三上さんの豆は茶色。

まだ三上さん、どこに行ったかわかりませんが、
只今隊長、三上さんに
『だれ、あの豆煮たの?』といわれた時のために

『えっ!?、やだぁこの豆煮過ぎじゃない?誰煮たんだろうねぇ』
という演技の練習をしている最中です。

bana2

 ← こっちも押してければ助かる~



スポンサーサイト

調査隊長

シダケンセツ調査隊隊長のシラトリでございます。
志田建設で起こる日々の笑いをご紹介します。
時々仕事についてのまじめなことも書いていきます。